洗顔石鹸のことなら【トルファン】

人気の洗顔石鹸探そう! - 洗顔で潤いまで落とさないようにする

洗顔で潤いまで落とさないようにする

洗顔は単に顔の老廃物など余分な汚れを洗い落とすだけでは無く、肌に必要な潤いなどは残しておいて欲しいものです。
ですが洗浄力などを基準にして選んでいると、思ったよりも顔の潤いが無くなってしまうこともあるのです。

洗浄力が強いと刺激にもなる

洗浄力が強い洗顔石鹸であれば、皮脂汚れなどもしっかりと落としてくれるのでとても便利だと感じるでしょう。
ですが実際に洗浄力だけで選んだ場合には、潤いなども一緒に奪ってしまうこともあるのです。
余計な汚れだけではなく、必要な潤いも落としてしまう可能性もあります。

潤いは化粧水などを使うから気にする必要はないと考えるかもしれませんが、それだけ洗浄力が強いということは、肌に対して刺激が強すぎることもあるのです。
ですから汚れを落とすことばかり考えるのでは無く、肌に対して優しいことも考える必要があります。

合成界面活性剤は避けておく

洗顔石鹸と呼ばれているものには、合成界面活性剤は含まれていませんが、勝手に洗顔石鹸だと思っていると勘違いすることもあります。
洗顔フォームのような呼ばれ方をしている商品は、たとえ固形のタイプでも石鹸ではない可能性が高いのです。

合成界面活性剤は洗浄力が高くなりやすいのですが、それだけ肌に対する刺激も強くなることが多いのです。
汚れがよく落ちるとなっていても、肌に対する刺激を考えた場合には避けた方が良い場合があります。
特に洗顔では人目につく顔を洗うのですから、肌に優しい商品を選ぶことが大切です。